NEWS

2021.8.3 Research

NEDO「研究開発型スタートアップ支援事業/経済構造の転換に資するスタートアップの事業化促進事業(TRY)」に採択されました

この度、bitBiome株式会社は「感染症対策に資する微生物バイオ生産プラットフォームの開発」にて、国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(以下「NEDO」)の2021年度「研究開発型スタートアップ支援事業/経済構造の転換に資するスタートアップの事業化促進事業(TRY)」(最大助成金額:1億円)において助成金の交付決定を受けました。

NEDOは、社会構造の転換から生じる市場の変化の兆しを得ており、この機会を大きなチャンスと捉えて社会インパクトの大きな事業転換を狙って動き出している研究開発型スタートアップを対象とした助成事業として、本事業TRYの公募を行っていたものです。

bitBiomeは本事業を通じ、医療・産業に有用な遺伝子を当社の保有するシングルセルゲノム・データベースから「発掘」し、合成生物学的技術・ロボティクス・AI技術などを活用して物質生産へと繋げるプラットフォームを構築します。従来のメタゲノム解析などでは難しかったサンプルからでも高精度・高効率で微生物ゲノムを取得できる当社のゲノム解析技術により、これまで見つかったことのない全く新規な有用遺伝子の発見が期待されます。

●bitBiomeについて
bitBiomeは、地球上のあらゆる微生物の設計図=ゲノムデータを最高解像度で蓄積し、あらゆる産業をupdateします。独自のシングルセルゲノム解析技術bit-MAP®により、これまで培養・解析が極めて難しかった微生物から高効率で全ゲノム配列を取得し、質・量ともに他を凌駕する微生物遺伝子データベースを構築します。これを起点とし、産業パートナーと協調してデータからモノを創り出す革新的バイオ生産プラットフォームを展開します。

参考)国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構
2021年度「研究開発型スタートアップ支援事業/経済構造の転換に資するスタートアップの事業化促進事業(TRY)」公募に係る交付決定先一覧
https://www.nedo.go.jp/content/100935365.pdf