NEWS

2021.1.5 Media

『アグリバイオ』2021年1月号寄稿のお知らせ

アグリバイオ2021年1月号「持続的農業のための土壌・植物微生物叢の解析と利用」に、当社シングルセルゲノム解析プラットフォームbit-MAP®の土壌・農業分野の応用事例として、「土壌微生物ゲノムを網羅的に取得するシングルセル解析~Massively parallel single-cell genome analysis for soil microbiome~」を寄稿いたしました。

持続可能な農業の実現に向けて、土壌・植物微生物は注目を集めています。農作物や土壌に悪影響を及ぼすことなく、作物の生産性向上や土壌改良、害虫や病害からの保護などの効果を示す微生物資材への期待は大きくなっています。土壌微生物の多くは未培養であり、生理活性的な特質だけでなく生態系の構造などその多くは未だ謎に包まれています。

当社が展開する微生物シングルセルゲノム解析プラットフォームbit-MAP®は、培養を介さず, 多様な微生物叢の個々の微生物機能を解明することができるため、将来の微生物資材の開発を支援する技術として活用できます。本稿では、土壌微生物解析の課題、bit-MAP®の紹介及び土壌部生物解析への応用について紹介しています。

bitBiome株式会社は、当社のMissionである “Unlock the Potential of Microbes” の実現に向けて共に歩んでくださるパートナー企業様・アカデミア様からのご連絡をお待ちしております。ご興味ございましたら、こちらまでお願い致します。

■bitBiome株式会社について
bitBiome社は2018年11月創業の早稲田大学発ベンチャー企業です。当社が開発したゲノム解析技術bit-MAP®は、世界唯一の微生物を対象としたシングルセルゲノム解析技術です。本技術は、地球上のあらゆる環境に生息する微生物のゲノム情報をたった1つの細胞から高精度に解読することを可能としました。本技術によって、従来のマイクロバイオーム研究で必要とされてきた煩雑な単離・培養、あるいは複雑なシーケンスデータの計算処理の必要なく、未知の微生物ゲノム情報を高速かつ網羅的に獲得することが可能となりました。
当社は、本技術を次世代のマイクロバイオーム解析サービスとして提供し、医療・農業領域を中心にあらゆる微生物関連の企業・アカデミアとの協業を通じて、当社Mission である
“Unlock the Potential of Microbes” を実現し、社会へこれまでない価値を提供いたします。詳細については https://www.bitbiome.co.jp/をご覧ください。