NEWS

2021.1.27 Press

米国Fred Hutchinson Cancer Research Centerとの共同研究契約締結のお知らせ: 細菌性膣炎に関するシングルセルゲノム解析

bitBiome株式会社(代表取締役社長:藤岡 直、以下「bitBiome」)は、Fred Hutchinson Cancer Research Center (Professor: David Fredricks, 以下「Fred Hutch」)と細菌性腟炎に関連する細菌叢解析に関して共同研究契約を2020年11月26日付で締結しました。

bitBiomeとFred Hutchは、シングルセルレベルの解像度で、新規細菌種の同定と細菌同士の物理的な共生関係の同定を目的に、女性の生殖管由来の細菌叢解析を実施します。

細菌性腟炎は、早産、骨盤内炎症性疾患、HIVやその他の性感染症のリスクを高めることが一般的に知られていますが、その原因はあまり理解されていません。細菌性膣炎では、膣内細菌の多様性が増し、ほとんど理解されていない機能を持つ細菌種が数多く繁殖することが知られておりますが、シングルセルゲノム解析により新しい知見が生まれることが期待されます。

本研究では、bitBiomeとFred Hutchが共同で、微生物シングルセルゲノム解析プラットフォームbit-MAP®と、ショットガンメタゲノム解析を組み合わせて利用し、細菌性膣炎患者由来の新規細菌種間の生物学的関係性の同定および細菌同士の共生関係を明らかにすることを目指します。微生物シングルセルゲノム解析は、個々の細胞の生理学だけでなく、難培養微生物であっても、微生物の機能的な洞察を全ゲノム解析から明らかに出来る新しいアプローチです。

bitBiomeは今後も国内外の企業・アカデミアとの協業を通じて、当社Mission である “Unlock the Potential of Microbes” を実現し、社会へこれまでない価値を提供いたします。

 

【Fred Hutchinson Cancer Research Center, Fredricks研究室について】

David Fredricks教授は、ヒト細菌叢(私たちの身の回りに生息する何兆もの小さな生物を含む微生物群集)の変化が私たちの健康にどのような影響を与えるのかを明らかにするための研究を行っています。Fredricks教授の研究には、細菌性膣炎や性感染症(HIVなど)に関連する研究や、血液幹細胞移植を受ける患者に細菌叢が与える影響などが含まれます。また、細菌叢が人間の健康に及ぼす影響の理解を深めるために、Fredricks教授はFred Hutchの学際的な取り組みであるマイクロバイオーム研究イニシアチブを主導しています。詳細については https://www.fredhutch.org/en/faculty-lab-directory/fredricks-david.html をご覧ください。

 

【bitBiomeについて】

bitBiome社は2018年11月創業の早稲田大学発ベンチャー企業です。当社が開発したゲノム解析プラットフォームbit-MAP®は、世界唯一の微生物を対象としたシングルセルゲノム解析技術です。本技術は、地球上のあらゆる環境に生息する微生物のゲノム情報をたった1つの細胞から高精度に解読することを可能としました。本技術によって、従来のマイクロバイオーム研究で必要とされてきた煩雑な単離・培養、あるいは複雑なシーケンスデータの計算処理の必要なく、未知の微生物ゲノム情報を高速かつ網羅的に獲得することが可能となりました。

当社は、本技術を次世代のマイクロバイオーム解析サービスとして提供し、医療・農業領域を中心にあらゆる微生物関連の企業・アカデミアとの協業を通じて、当社Mission である “Unlock the Potential of Microbes” を実現し、社会へこれまでない価値を提供いたします。詳細については https://www.bitbiome.co.jp/をご覧ください。

 

【本件に関するお問い合わせ先】

bitBiome株式会社

TEL: 03-6205-5662

E-mail: info@bitbiome.co.jp