NEWS

2024.1.15 Event

1/26 『第452回CBI学会講演会』でCSO細川が講演を行います

2024年1月26日に第452回CBI学会講演会【ベンチャー連携企画第四回「自動化が拓く新たな価値の創造~コア技術×自動化~」】にて、CSO細川がbitBiomeのバイオものづくり事業について講演を行います。
本講演会にご関心ある方はぜひご参加ください。

<本講演会概要>
ベンチャー連携企画第四回「自動化が拓く新たな価値の創造~コア技術×自動化~」
日時: 2024年1月26日 13:30~17:15
場所:オンライン配信(Zoom)
概要:
CBI学会は創薬/AIベンチャー企業と多様な領域で活躍される参加者のみなさまが連携する機会として、ベンチャー企業主体の継続的な講演会を企画しています。第四回は、創薬分野における自動化に焦点を当てました。自動化は、実験プロセスや大規模なデータ解析を正確かつ迅速に行うことができるため、研究の効率と信頼性を向上させることに繋がります。
本講演会では、独自のシングルセルゲノム解析技術、トランスクリプトーム解析技術、ペプチド模倣技術、低分子およびバイオ医薬品開発におけるAI創薬技術など、革新的技術と自動化を組み合わせて新たな価値を創造し提供するベンチャー企業にご参集いただき、最先端の独自技術と自動化の取り組みについてご講演いただきます。
参加方法:以下URLをご参照ください
URL:https://cbi-society.org/home/documents/seminar/2021to24/20240126.html

<細川講演概要>
日程:2024年1月26日 14:15~14:55
演題:微生物ビッグデータ・AI・ロボティクスを統合した次世代のバイオものづくり
概要:
bitBiomeは微生物ゲノムを単一細胞レベルで解析する技術により、「世界最大級の13億遺伝子に上る微生物の遺伝子データ」を保有し、合成生物学・AI・ロボティクス技術を統合したプラットフォーム技術で酵素探索・改変を迅速に進めることが可能です。bitBiomeでは基盤技術を活用し、酵素の自社開発並びに医薬、食品、化学産業のパートナー企業との共同開発を進めています。

bit-MAP®受託サービス